2010年06月07日

検察側の数々の妨害行為指摘にも…「ノーコメント」連発 SS元船長第3回公判(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第3回公判】(7)

 《ロープを落としながら、ゴムボートで日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に近付いていったとされる、環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シーシェパード(SS)」抗議船「アディ・ギル」号元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)。検察官は落としたロープの目的を尋ねる》

 検察官「ロープは(第2)昭南丸のスクリューに絡ませるためのものですか」

 被告「そうです」

 検察官「アディ・ギル号で航海していたときも、スクリューにロープなどがからまって立ち往生したことはありませんか」

 被告「はい。(あります)」

 検察官「酪酸(らくさん)やそれ以外のものをランチャーではなく手で投げたことはありますか」

 被告「ノーコメント」

 検察官「法廷で事件当時のVTRが流れました。そこでは酪酸を投げたのが1回しか確認できませんが、4、5回撃ったというが、どの時点で撃ったのですか」

 被告「その時点の10分くらい前ではないでしょうか」

 検察官「ほかの場面と勘違いしているのでは?」

 被告「そうかもしれません」

 検察官「昭南丸などの妨害指示は、(SS代表のカナダ人)ポール・ワトソン=容疑者(59)=の指示ですか」

 《事件では、ベスーン被告に妨害を指示したとして、傷害や威力業務妨害容疑で東京海上保安部がワトソン容疑者の逮捕状を取っている》

 被告「恐らくそうだと思いますが、確信は持てません」

 検察官「ポール・ワトソンから直接指示を受けていたわけではないということですか」

 被告「メンバーの1人から受けていました」

 検察官「酪酸が手についてもけがをしないかもしれないが、目に入ればダメージを受けるとは思いませんでしたか」

 被告「その可能性はあると思います」

 検察官「被害者の○○さん(法廷では実名)はどこにいたと思いますか」

 被告「私が見たのは3人です。(○○さんは)3人のうちの1人ではないと思います」

 検察官「(写真を示しながら)あなたが酪酸を撃ったときに、第2昭南丸の乗組員がインパルス銃(放水に使う機器)を撃ってきた場面ですね」

 被告「はい」

 検察官「この中のこれが○○さんといえますか」

 被告「服装を覚えていません」

 検察官「この中には○○さんがいないのが分かりますか」

 被告「服装を覚えていません」

 検察官「(調査捕鯨船団側に)破いたネットの賠償金が払われていることは知っていますか」

 被告「はい」

 検察官「あなたが払ったのですか」

 被告「シーシェパードなのか、私の弁護士なのかは分かりません」

 検察官「第2昭南丸に乗り込むことをポール・ワトソンと相談しましたか」

 被告「はい」

 検察官「ポール・ワトソンからはどんな指示が?」

 被告「アディ・ギルが沈んだ次の日、電話で話しました。『アディ・ギルの乗組員をオーストラリアまで送ってほしいと第2昭南丸に提案しては』と言われました。第2昭南丸がアディ・ギルを沈めたので」

 検察官「第2昭南丸の船長を“市民逮捕”しようという提案については話しましたか」

 被告「はい」

 《オーストラリアでは、この種のケースでも民間人による逮捕権が認められているとされる》

 検察官「第2昭南丸が受け入れてくれないから、暗闇に紛れて侵入しようとしたのですね?」

 被告「はい」

 検察官「ジェットスキー(水上バイク)に『アニマルプラネット』のカメラマンを乗せるのは誰のアイデアですか」

 《アニマルプラネットとは、日本を含め世界中で視聴できる動物専門のテレビチャンネル。SS側の視点でSSの活動を放映し続けていることでも知られる》

 被告「分からないです」

 検察官「ポール・ワトソンに、『危ないから乗せたくない』と言ったのでは?」

 被告「カメラマンに(直接)言いました。選択権は私に委ねられていました」

 検察官「ニュージーランドの法律に『公共の場で合理的な理由なく刃物を所持すれば処罰の対象とある』という法律があるが知っていますか」

 被告「知りませんが、そのような法律があって当たり前だと思います。正当な理由の中身にもよりますが」

 検察官「船への侵入にあたり網を破るためにナイフを持つことは正当なのですか」

 《ベスーン被告は、少し考えたような様子で押し黙った後こう答えた》

 被告「当時は乗船することが自分の信条にかなうものだと考えていました。ナイフがなければ乗船できませんでした」

 《ナイフを所持していたことの正当性を訴えるベスーン被告。検察官は質問を変え、SSによる他の妨害活動を問い詰める》

 検察官「2月11日に酪酸を撃ち込む前にも、赤いペイントの入った瓶を撃ち込んだことがあるのでは?」

 被告「ノーコメント」

 検察官「1月6日にアディ・ギルから(視界を奪って妨害するための)緑のレーザーを日本側に発射したことがあるのでは?」

 被告「分かりません。そのようなことはなかったと思います」

 《ここで検察官が法廷内の大型モニターに写真を示す。暗い中にアディ・ギル号が映っており、乗組員らしき人物が緑のレーザーを発射している》

 検察官「アディ・ギルではありませんか」

 被告「これはアディ・ギルです」

 検察官「グリーンのレーザーを発射していませんか」

 被告「そうだと思います」

 検察官「同じ1月6日に、日本側の船に向かってロープを投げたことはありませんか」

 被告「ノーコメント」

 《検察側が追及するその他の“妨害活動”について「ノーコメント」「分からない」と繰り返すベスーン被告。法廷内が暑いのか、顔は紅潮している》

 =(8)に続く

【関連記事】
[特集:第2回公判]「燃えるような激しい痛み」失明の恐怖
[特集:第1回公判]発射「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS元船長公判 被告人質問で「酪酸問題ないと思っていた」 「ファシスト」叫ぶ傍聴人排除も
SS元船長 第3回公判 傷害罪の成否は? きょう被告人質問
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」 

<訃報>栗原祐幸さん89歳=元防衛庁長官(毎日新聞)
「みんなで食べよう宮崎の牛」=ライバル産地が応援―生産者経営の焼き肉店・鳥取(時事通信)
700年前の政権交代に思う(産経新聞)
女子高校生が包丁で兄の脇腹刺す、殺人未遂容疑(読売新聞)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
posted by アオヌマ モトハル at 20:49| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

両陛下、パラリンピック選手招きお茶会(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下は27日、皇居・宮殿にバンクーバー冬季パラリンピックの入賞選手らを招き茶会を催された。メダリストや競技団体関係者ら計38人が出席した。

 陛下はお言葉で「みなさんは障害をもち、さまざまな困難を乗り越え、努力を重ね、ひとつの大きな目標を達成されました。この経験をいかし、将来に向かって力強く歩まれるよう期待しております」と述べられた。日本選手団の主将を務め、ノルディックスキーの2種目で金メダルを獲得した新田佳浩選手は「(陛下から)家族にいい報告ができてよかったですねと言われました」と話していた。

【関連記事】
「ポケモンの化け物」マスコット酷評 ロンドン五輪
パラ五輪金メダリストの河合氏、参院選“台風の目”の可能性
「片翼チャンピオン」著者・平山譲さん 逆境に立ち向かう人々の姿を記録
みんなの党、河合氏に出馬要請 パラリンピック3連続金
埼玉県のパラリンピックメダリストにスポーツ功労賞

普天間日米大筋合意 具体的工法などは継続協議(産経新聞)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
<傷害容疑>祖母をけり死なす、26歳逮捕 福岡(毎日新聞)
posted by アオヌマ モトハル at 23:53| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。