2010年04月13日

天窓破り児童転落の小学校、教委調査に「天窓ない」(読売新聞)

 8日午前10時50分頃、鹿児島県霧島市溝辺町麓(ふもと)、市立陵南(りょうなん)小学校(和田敏郎校長、329人)で、3階建て校舎の屋上で社会の授業を受けていた3年生の男児(8)が天窓に乗って遊んでいたところ、天窓が割れて約5メートル下の3階廊下に転落、頭の骨を折る大けがを負った。

 霧島署の発表によると、天窓は明かり取り用で、屋上の2か所に設置。約1・15メートル四方の台座(高さ45センチ)にドーム型の厚さ3ミリのアクリル板が付いている。屋上にいた担任教諭は男児が天窓に乗っていたことに気付いていなかったという。

 普段は屋上に通じるドアには鍵をかけて管理。教諭は7日に屋上を下見したが、天窓の危険性は意識していなかったという。和田校長は記者会見で「監督不行き届きで、誠に申し訳ありません」と陳謝した。

 同様の事故は、2008年6月に東京都杉並区の小学校でも発生。これを受け鹿児島県教委は同年、県内の全公立学校を対象に天窓の調査をしたが、陵南小は確認せず「天窓はない」と回答をしていた。

映画監督の山内鉄也氏死去(時事通信)
小沢氏、訪米見送り=「二元外交」批判を懸念(時事通信)
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構−事業仕分け第2弾(時事通信)
<原子力白書>核不拡散など課題 初の「ですます調」記述も(毎日新聞)
「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)
posted by アオヌマ モトハル at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。